千葉市議会議員(中央区)三井みわこ公式サイト > 活動報告 > 取り組み > 平成30年度 第2回定例会(6月7日~6月21日) 質問日:6月18日

取り組み

平成30年度 第2回定例会(6月7日~6月21日) 質問日:6月18日

平成30年度第2回定例会において、以下のとおり一般質問を行いました。

一般質問の内容
  1. ドローンの活用について
  2. 高齢者の安心な暮らしについて
【ドローンの活用についての意見要望】

ドローンを使った地方創生を考え、実行していくことは、今後、私たちの働き方にも多くの変革をもたらし、将来的に高齢社会における地域交通の確保や買い物弱者といった社会的課題の解決に活用できる可能性があります。
特に、本市は、国内で唯一のちばドローン実証ワンストップセンターを開設しており、ドローンベンチャーによる新たなサービス展開、大学や業界団体から提案されるアイデアを実証する場として、ドローンフィールドを提供するとともに、新たな動きを結び付けることで、千葉市ならではのドローンビジネスが生まれる可能性があります。
当局におかれましても、以上をご勘案いただき、国家戦略特区指定のメリットを生かし、ドローンの活用に向けた各種施策を推進されるよう、お願いいたします。加えて、千葉市は東京2020オリンピック・パラリンピック一部開催地として指定されており、ドローンの活用を期待しています。

<千葉市の現状>

  1. ちばドローン実証ワンストップセンターでは、平成30年3月23日の開設から5月末までの間に、16団体、26件の相談を受けております。
    事業者からの相談としては、飛行に関する手続、ドローン技術の活用、飛行場所に関する相談が多く寄せられており、関連する窓口や平成29年12月に開設したドローンフィールドの利用の案内のほか、平成
    30年6月には、センターとして、庁内関係課との調整を行い、市内事業者による学校施設の老朽化調査に係る実証実験を実施しています。
  2. ワンストップセンターには、ドローンに関する多くの情報が集まることから、企業向けのセミナーの機会などを活用し、センターの周知に努めるとともに、事業者のニーズを把握した上での支援を行うことで、市内での実証実験を促進し、様々な分野でのドローン活用につなげて参ります。
  3. ドローンは、様々な分野での活用が進んでおり、本市の業務に活用することにより、技術の進展とビジネス化や行政の効率化につながり得るものと考えております。
  4. 平成30年度は、災害対応、インフラ維持管理、測量など、ドローンの活用が期待される分野のうち、実績不足等の要因により、活用に至っていない業務におけるドローンの有効性を検証することとしており、その結果をもって、活用を推進して参ります。


▲ このページの上へ戻る